『玄界灘最大級の前方後円墳』
日時・場所
平成24年12月12日(水)

 福岡県糸島市二丈田中100(JR一貴山駅の北100m)
■国史跡「一貴山銚子塚古墳」(昭和32年指定)
玄界灘沿岸最大の前方後円墳
長野川の河口に近い西岸の丘陵上に築かれた前期古墳(4世紀後半と推定)
古墳の全長は103m 後円部径61m
前方部幅29m 後円部高さ9.5m 前方部高さ4m
被葬者は、玄界灘の海上交通権を掌握し、
ヤマト政権とも密接な関係を有した大首長。
■発掘調査
昭和25年(1950)に行われた発掘調査で、石室内から10面の銅鏡をはじめ、玉類や鉄製武器など沢山の副葬品が出土しました。
後円部の中央部付近、東西に幅5m以上の切通しが通っています。

■副葬品について
京都大学にて保存、既に60年以上経過。地元「伊都国歴史博物館」への里帰りが望まれます。


COPYRIGHT© 糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会. All RIGHT RESERVED.