フィールドワークによる地域資源を把握する活動をします。

トップフィールドワークトップ糸島の神社 天降神社
平成23年度 FWテーマ 「糸島の神社 天降神社」 
糸島の神社 天降神社
日時:平成23年10月12日
神社のお名前、何とお呼びして良いのでしょうか
目的:
どんな神社で何と読むの? と尋ねられたのが契機となり、FWを試みたものです。
結果:
先ず読み方ですが、神社本庁登録によれば“てんこう”、“あまくだり”、“あまおり”、“あまふり”、“あもり”、“あふり”と多様さに驚きます。糸島では“あまおり”と言われています(“あもり”との方もおられました)。この神様は、天降から連想されるように天孫降臨したニニギ尊が多いようです。なお、稲穂が豊かに賑わう神としても広く祀られています。
糸島には6社あるようです。ここでは“鎮守の杜(糸島神職会編)”に載っている4社を報告します。
〇二丈・石崎の天降天神社:(祭神)ニニギ尊、菅原大神
最古の水稲農耕伝来地“曲り田遺跡”の直ぐ近くにあり、稲穂の神≒ニニギ尊を想いました。神社の由緒には、本宮はニニギ尊を祀った霧島神宮と記しています。
〇二丈・波呂の天降天神社:ニニギ尊、菅原大神、速玉之男尊、イザナギ尊、、、
本殿の神額には写真右のように、天降神社、熊野神社、十六天神社が掲げられ、いくつもの神様が合祀されていますが、天降神社(ニニギ尊)が主座(真中)となっています。
〇前原・瀬戸の天降神社:ニニギ尊、菅原大神、応神天皇、神功皇后
二丈に隣接する里山にあります。由緒には、中世から江戸時代までの棟札が四つあるとのこと。幅広い拝殿(写真右)の後ろには、本殿が一段高い石垣の上に築かれています。
〇前原・新田の天降神社:ニニギ尊
“新田”という地名は、四百年前、黒田長政公が干拓した初めての水田に因んでいます。由緒には干拓後、ニニギ尊を勧請したとのこと。水田地帯は広大で、三つの集落からなり、神社は求心力になっています。

糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会トップ歴史・文化グループ食文化グループ

COPYRIGHT(C) 糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会. All RIGHT RESERVED.