フィールドワークによる地域資源を把握する活動をします。

トップフィールドワークトップ雉琴神社
平成23年度 FWテーマ「糸島の神社 神功皇后伝説」 
糸島と韓国の可也山
日時:平成23年5月28日
場所:雉琴神社(糸島市飯原2105)
祭神:日本武命
目的:
平成20年度に調査した「糸島に伝わる神功皇后伝説」のシリーズとして琴雉神社を訪ねました。
この神社は仲哀天皇の父である日本武命を祀り、神功皇后の創祀と伝えられています。由来を記した石碑に拠れば、「昔、神功皇后高祖より御坂(三坂)を経て雷山に登り給い、層々岐岳にて天神地祇を祀り、戦勝を祈り給う後、山を下がり(嵯峨里)給い、此の所に宿陣し給う夜枕元に日本武命がたたれ賊徒討伐の法を教えられたという、 雉子の鳴く声を琴に聞きて目覚められ、帰還の後日本武命を祀り此所を雉琴と名付けられた」とあります。
雉琴神社の参道入口
(大野城~二丈線沿いに面する) 
緑に囲まれた社殿(拝殿)
大きな藤“弟橘藤” 
雉琴神社の由緒を記した案内板
(樹冠は凡そ500㎡はあろうか)
雉琴神社の由緒を記した案内板

糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会トップ歴史・文化グループ食文化グループ

COPYRIGHT(C)2012 糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会. All RIGHT RESERVED.