フィールドワークによる地域資源を把握する活動をします。

トップフィールドワークトップ前原山笠
平成23年度 FWテーマ 「糸島の神社 祭り」 
糸島と韓国の可也山
日時:平成23年7月25日
目的:
毎年、前原では7月24~25日、火伏せ地蔵・老松神社の夏祭り山笠で盛り上がります。商店街を中心にして9つの行政区がそれぞれの山笠を繰り出します。今回は、その2日目を見学したものです。
状況:
前原山笠の特徴は、各区から繰り出す大人と子供山笠のペアにあります。

午後一番、各区の氏子さんらが三々五々まとまって老松神社境内の「茅の輪くぐり」をした後、糸島警察署前の広場に勢ぞろいして神主さんからお祓いを受けます。大人・子供山笠合計16台が整列した光景は壮観です。そのあと“オイサ! オイサ!”の掛け声とともに、順次、5分間隔で街に繰り出していきます。

この日は真夏日、じっとしているだけでも汗が吹き出す暑さで、「勢い水」を浴びる山笠の担ぎ手には熱射病対策としてタイムリーであったと思いました。
老松神社の茅の輪くぐり 
全員で神主さんからのお祓い
いざ出発(大人山笠)

大人山笠に続く子供山笠(左手前)
が可愛い・・・一休み中
 
「昭和29年7月、博多うつし」

博多山笠が終わり、その飾り山を前原商店街に移築したもの(こんな時代もあった昔貴重な歴史の1コマ)・・・角屋食堂さん(昭和バス前原バス停前)に貼ってある写真より 以上

糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会トップ歴史・文化グループ食文化グループ

COPYRIGHT(C)2012 糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会. All RIGHT RESERVED.