フィールドワークによる地域資源を把握する活動をします。

トップフィールドワークトップ糸島の伝統行事
糸島の伝統行事「井田原神楽」
井田原神楽
日時:4月29日(木・祝)、15時
場所:井田原神社(祭神:天照大神、、)、志摩井田原
状況:ここ十数年、吉田神社と同じく福井神楽保存会に公演をお願いされています(その昔は高祖神楽保存会が公演)。当日の雰囲気は吉田神楽と同様に、地区(戸数110戸)の大きな親睦会的なイベントのように感じました。
午後3時からの公演は、昼食の賑わいはないが、老若男女の多くの住民の皆さん、凡そ百名が境内に敷かれたシートに座り、楽しく歓談・観覧されていました。
氏子総代の樗木さんのお話では、他所に嫁がれた方々もこの時期に合わせ、お子さんを連れて里帰りされるなど、大きな求心力になっているとのことでした。
一般の見物者は10名程度か、外部からの見学者が多い高祖神楽や福井神楽とは、この点が異なっていました。

神楽の1時間前は、静寂です!

公演前には福井神楽保存会による神楽の解説あり
(黄色の衣装の方)

一般見物者(立っている)の姿はチラホラと!

先駆の舞い(3番目)
鮮やかな赤と緑の衣装、コントラストは艶やか!
右下隅の写真に、黒石の記念碑(井田原神社新築記念)が見えます。神社の新築は、寺院と異なり珍しいとのことです(平成12年建替え)。
境内の前には、神楽の守(介護施設)の建設も予定されており、神楽が重要な村のシンボルになっているような思いがしました。

糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会トップ歴史・文化グループ食文化グループ

COPYRIGHT(C)2012 糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会. All RIGHT RESERVED.