フィールドワークによる地域資源を把握する活動をします。

トップフィールドワークトップ糸島の伝統行事
糸島の伝統行事「高祖神楽」
高祖神楽
日時:4月26日(月)、午後1時から開催(舞神楽と面神楽の2種11番が奉納 約4時間 夜神楽は10/25)
場所:高祖神社(糸島市高祖 高祖神社神楽殿)
指定:S.56年 「県無形民俗文化財」
状況:高祖神社は彦火々出見尊を主座に、左座に玉依姫命、右座に息長足比女命の三柱をお祀りする神社で創建の時期は不明とされています。神楽は「五穀豊穣」「幼児成長」「区民の親睦」のため、全二十三演目中十数演目を演じ、合間に稚児舞(園児)が入ります。園児たちの真剣な舞とそのかわいさは、区民の皆様が育まれてきたあかしと感心しました。
当日はビデオ・カメラを携えた取材陣も観客も多く、年々賑わいが増してきているようです。
高祖神楽
高祖神楽
高祖神社境内
(左手神楽殿)
3番
笹舞(ささまい)
4番
国平(くにうけ)
高祖神楽
高祖神楽
5番
蟇目(ひきめ)
6番
敷蒔(しきまき)
7番
磯羅(いそら)
高祖神楽
高祖神楽
稚児舞(園児)
11番
岩戸開き
総代、神楽師による挨拶

糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会トップ歴史・文化グループ食文化グループ

COPYRIGHT(C) 糸島魅力みつけ隊ネットワーク協議会. All RIGHT RESERVED.